周波数分析の基礎_音作成
このプログラムは、音や振動の周波数分析に用いるFFTを理解する為のプログラムです。まず、様々な周波数を合成して音を作ってみましょう。
音や振動の多くは、複数の周波数の合成です。まず複数の正弦波を作成し、合成することでどのような波形になるかを見ることができます。
また、その合成波がどのような音になるか聞いて確認することができます。
5種類の正弦波の周波数と位相を指定し、係数で大きさを設定します。
同じ周波数、大きさで位相が180度異なれば合成波は、0になります。
G欄とH欄の間にG欄をコピーすることで合成される正弦波を増やすことができます。
合成波の波形を拡大する時は、拡大グラフサンプリング時間を適当に調整してください。
WAV変換ボタンで音データに変換します。

[ダウンロード]